• 村長

耕作放棄地再生#1

更新日:2020年2月5日




就農人口の減少と共に耕作放棄地も近年増え続けています


昭和50年から比較してその広さは約3倍総面積にすると九州(約3万6000㎢)よりも大きな面積(約4万2300㎢)(参考:農林水産省『 荒廃農地の現状と対策について』)


荒廃農地(約2万8400㎢)を含めると北海道(約8万3450㎢)の面積に迫る広さです。このままのペースで農業人口が減少すれば10年から15年で北海道の面積と同じになりそうです






ファーマーズビレッジの拠点地の鞍手町でも深刻な過疎化と農業の担い手不足となっており、耕作放棄地が年々増えています。



今回義祖父の土地も農業を続けることができずに耕作放棄地として5年近く放置されていたのでファーマーズビレッジ第一号としてこの土地を再生することにしました。元々自然農法として利用されていた農地の為有機野菜を栽培するには最適の場所です。ただし、見ての通り何年も手つかずの状態ですのでまずは伐採、整地から始めることにしましょう・


Origin of Farmers Village

閲覧数:28回0件のコメント

最新記事

すべて表示

無農薬・化学肥料無施肥で野菜を栽培する場合に必要となる『ぼかし』。 ゆっくり効かせる、効果をぼかすなど言葉の由来は多々ありますが、 土づくりには欠かせません。ホームセンターや直売所で時々見かけますが、 家でも簡単に作ることができるのでご紹介します。 今回は米ぬかのみのぼかし、1号型とも呼ばれます。 今後1号型をベースに、油粕、魚粉等を混ぜて2号型を作ります。 材料 米ぬか・・・10kg 糖蜜・・・