top of page
  • 村長

有機肥料の米ぬかぼかしの作り方

無農薬・化学肥料無施肥で野菜を栽培する場合に必要となる『ぼかし』。

ゆっくり効かせる、効果をぼかすなど言葉の由来は多々ありますが、

土づくりには欠かせません。ホームセンターや直売所で時々見かけますが、

家でも簡単に作ることができるのでご紹介します。

今回は米ぬかのみのぼかし、1号型とも呼ばれます。

今後1号型をベースに、油粕、魚粉等を混ぜて2号型を作ります。

材料

米ぬか・・・10kg

糖蜜・・・100g

EM菌※・・・20g

水・・・1~1.5リットル

漬物袋・・・2枚

漬物樽・・・1つ

ブルーシート・・・1枚(1.8x2.7m)

ジョウロ・・・1つ

輪ゴム・・・2個

※EM菌は乳酸菌の培養液でも代替できます

  1. 米ぬかをブルーシートに広げます。この際不純物がある場合は取り除いて下さい。

  2. 糖蜜、EM菌、水を混ぜて米ぬかに満遍なくかける(米ぬかがベチョベチョになりすぎないように注意)

  3. 手で米ぬかを満遍なく混ぜる。

  4. ブルーシートの端を持ち、反対側に米ぬかを寄せる。寄せたら更に、反対側に。10回ほど繰り返して米ぬかの水分が全体に混ざるようにする。

  5. 手で米ぬかを握ってみて、米ぬかが塊り、人差し指で突いて米ぬかの塊が壊れるくらい(水分40%くらい)に調整する。

  6. 漬物袋を2重に漬物樽にセットして、米ぬかを全て移す。

  7. 最後に袋の口を空気が入らないように縛って日が当たらない場所で保管する。

気温により発酵する日数が違いますが、夏場では2週間程度、冬場で2,3か月と言われています。

漬物の香りがしてきたら完成です。


閲覧数:61回0件のコメント

最新記事

すべて表示

ここでは アグリガーデンスクール の体験スクールの体験を ブログとして書きとめる 農作物が成長するためには ホームセンターの 堆肥売り場にいくと 7:7:7 など 記載された肥料が あるのをみかける これは作物が成長に 必要不可欠な重大要素 チッソ(N) リン(P) カリ(K) のバランス比のことである チッソはガス リン・カリは鉱物 その中でもチッソは 最重要であり 農家さんが「何キロ入れる?」

bottom of page